インスタグラム公開中!

よくあるご質問

安全で栄養バランスの
とれた食事で
お友だちと一緒に
「おいしく」
「たのしく」
食育

全ての活動の源となる
大切な給食

発育や活動が盛んな乳幼児には多くのエネルギーと栄養素が必要です。
基礎がつくられるこの時期に、良い食事習慣をしっかり身につけることも重要です。

栄養士による栄養管理、衛生管理された化学調味料などを使わない、安全でおいしい手作りの給食を提供します。

味覚を育てる
天然だしと旬の食材

0~5歳の味覚の基礎が作られる時期には、薄味で素材そのものの味を体験することが大切です。素材の味を引き出し、化学調味料を一切使わず、料理にうまみを与える「だし」をきかせることで、薄味に仕上げています。 また、おいしく栄養価の高い旬の野菜や果物、魚を積極的に食事やおやつに取り入れ、子ども達の食への興味・関心を広げられるよう取り組んでいます。
苦手な子どもが多い魚も、色々な調理法や味付けで食べやすいよう工夫しています。


≪保育園給食で使用する主なだし≫
煮干し、昆布、かつお、干ししいたけ


果物や手づくり中心の
おやつ

体重1kgあたり大人の2~3倍のエネルギーが必要な子どもの体には、おやつで栄養素や水分を補うことが重要です。
成長著しい子どもにとって、楽しみのおやつは、大切な食事の一部。保育園給食では、様々な食材を使用し、足りない栄養素を補います。


・10時のおやつ…果物中心
・3時のおやつ…手づくりおやつ、旬の果物
・飲み物…牛乳、豆乳、スキムミルク

食育について

毎日の「おいしいね」を大切にしながら
食育に取り組んでいます。


食育への取り組みでは、毎日の給食を楽しい雰囲気の中で美味しく食べることを大切に進めています。
当園では、園内菜園で育てた野菜や、季節にあった子ども達が楽しめる行事食を取り入れております。
毎月1日は【ラッキー人参デー】と称し、給食に星型の人参を入れています。
星型の人参が入っていた子はその日の【ラッキーさん】で記念撮影をします。
弁当箱に自分たちで給食を詰めて、【自分の食べられる量を知ろう】という取り組みもしています。

アレルギー対応について

アレルギーが疑われる場合、医師の診断書(又は指示書)を保育園に提出してください。
個別にご相談の上、診断書(又は指示書)に基づき当園で除去可能な物は除去食・代替食で対応いたします。
※アレルギー診断書の提出が必要です。複写式となっておりますので、園のスタッフにお申し付けください。

Copyright © 社会福祉法人 清風会 日の里東保育園 All Rights Reserved.